2017年9月20日水曜日

[FIM/MIM]Forefront Identity Managerのメインストリームサポートは2017年10月10日まで

こんにちは、富士榮です。

そういえばForefront Identity Manager 2010/2010 R2/2010 R2 SP1のメインストリームがもうすぐ終了します。
https://blogs.technet.microsoft.com/iamsupport/2017/02/22/warning-forefront-identity-manager-fim-mainstream-support-is-ending-10102017/



まだFIMを使っている人もいないとは思いますが、まだの場合はMicrosoft Identity Managerへのアップデートが必要ですね。
MIMが出たての頃はアップデートするのにかなり苦労しましたが、最近はちゃんと設定関係の引継ぎもできるようになっているので、ぜひアップデートしましょう。

ちなみに拡張サポートは2022年10月11日までですが、バグフィックスなどの提供がベストエフォートになってしまいますので、自己責任運用になりますね。

ちなみに私の開発環境の一部がまだFIMなので・・・・面倒だけどこの際アップデートします。

2017年9月7日木曜日

[リリース]LINE/Yahoo! IDを使ってOffice365へのログインを便利にする

こんにちは、富士榮@北海道です。

たまにはお仕事の話です。

本日、Azure AD B2CとLINE、Yahoo! JAPAN IDを連携させるソリューションを雇用主よりプレス発表しました。

SNSアカウントを活用するシステムの構築サービスを開始
http://www.ctc-g.co.jp/news/press/20170906a.html

Impressさん、日経電子版などのメディアに取り上げていただけました。

IT Leaders
 http://it.impressbm.co.jp/articles/-/14950
日経電子版
 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP456311_W7A900C1000000/
クラウドWatch
 http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1079437.html

本日北海道大学で開催されたCloud Week 2017で、本件に関する講演を行いデモを含めお披露目をさせていただきました。



簡単に内容を説明すると、Azure AD B2Cをカスタマイズし、
・LINEやYahoo! JAPAN IDなどの日本でメジャーなIdPへの対応
・Office365やG SuiteなどSAMLアプリケーションへの対応
・Microsoft Graphを利用し、Office365に届く重要なメールをLINEへも通知
・個別、一斉でのSNSへのメッセージ配信
というような仕組みをくみ上げたサービスとなっています。



こんな感じです。

動いている姿は以下です。


こんな流れです。
1.LINEで友達になる
2.LINEメニューから組織の払い出したID/PWDでOffice365へログインする
3.LINE IDと紐づけを行う
4.重要なメールはLINEへも通知する様に設定する
5.LINE IDでOffice365へシングルサインオンする
6.Office365へ重要なメールが届くとLINEのタイムラインへも通知される


他にも、公衆無線Wifiへのユーザ登録の簡素化などにも使えます。WeChatなどの中国のSNSにも対応しているので観光客向けのサービスとして無線LANを提供するようなケースを想定しています。


公衆無線Wifiを使った不正行為やいたずらが増えてきているらしいので、サービスレベルの向上(登録の簡素化)と利用者への到達性、証跡の確保の両立をしたい場合などはうまく使ってもらえると思います。

追記)
Cloud Week 2017で使った資料を公開したので、張り付けておきます。



尚、今後は以下のイベントで詳細を説明していきますので、是非ご参加ください。
・9/15 Japan Identity & Cloud Summit 2017
 https://nosurrender.jp/jics2017/
・10/13 CTCフォーラム 2017
 https://www.event-site.info/ctcforum2017/
・11/08 Tech Summit 2017
 https://www.microsoft.com/ja-jp/events/techsummit/2017/
・12/13 AXIES年次総会
 URL未定

また、個別に仕組みが知りたい、という方はぜひご連絡ください!
(標準のAzure AD B2Cでは出来ないことを独自拡張でかなりカバーしているので)