2013年6月12日水曜日

[FIM2010]ついにディレクトリ同期ツールにビルド番号が追いつきました

つい先日、新しいディレクトリ同期ツールに使われている FIM 2010 のビルド番号が本家 FIM 2010 と同一ソースツリーになったらしい、という投稿をしました。


その中で、新しいディレクトリ同期ツールのビルド番号が 4.1.3451.0 、その段階での FIM 2010 R2 のビルド番号が 4.1.3441.0 とお伝えしましたが、昨日 FIM 2010 R2 の HotFix がリリースされ、FIM のビルド番号もディレクトリ同期ツールと同じく 4.1.3451.0 となりました。

 KB ページ


更新内容としては、バグフィックスが2点と久しぶりに FIM CM の機能追加です。
機械翻訳をそのまま持ってきているので妙な日本語ですが、更新ポイントは下記の通りです。

FIM の同期サービス
問題 1
拡張機能 .dll ファイルのキャッシュされたバージョンのパスが長すぎるためパスワード管理操作が失敗します。この問題は、ユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 に含まれている web サービス コネクタも影響します。
問題 2
同期サービスが祖先の処理、特定の状況では、メモリ リークが発生します。
FIM 証明書の管理
機能 1
この更新プログラムは SubjectAltName ポリシーで証明書の要求が発行されると、サブジェクトの別名エントリを RegisteredID の代替名を指定する機能を追加します。
レポート作成
問題 1
Microsoft システム センター サービス マネージャー 2012年サービス パック インストール 1 (SP1)、FIM サービスとポータルのモードの変更のインストールを実行すると、インストールは失敗します。
FIM をレポート サービス マネージャー 2012 SP1 がインストールされている新しいサーバーにインストールすると、次の手順を実行します。
FIM 2010 R2 SP1 の FIMService コンポーネントをインストールします。これを行うには、レポートのチェック ボックスをオフにします。
4.1.3451.0 をビルドするのには、FIMService のインストールをアップグレードします。
モードの変更のインストールは FIMService を実行し、レポートを追加.


後は今月プレビューがリリースされる予定の Windows Azure Active Directory Connector を待つのみですね!

尚、以前紹介したビルド番号一覧にも今回のリリースを反映しておきましたので、歴史を確認したい人はどうぞ。

 [FIM2010]各リリース毎のビルド番号

1 件のコメント:

Liza Krystal さんのコメント...

ファイルのキャッシュされたバージョンのパスが長すぎるためパスワード管理操作が失敗します。この問題は、ユーザー マネ. スタンプ